FC2ブログ
エンゼルポケットOJIスペシャル
エンゼルポケットOJIスペシャルバージョンです。 DPAT01~コバルトメッキシリーズまでOJIスペシャルに関する いろいろなテーマの情報をお届けいたします。
08 | 2005/09 | 10
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

もったいな DrDAC編 その2
-------------------------続き--------------------------------
DrDAC2.jpg


耐電圧100Vとしますと サージなどもありますので 少なくとも1/10程度にはしないとOPアンプが壊れます。つまり 10mVフルスケールと言ったものを作る場合には1mVしかない電圧を計測に必要な十分な電圧まで持ち上げなくてはいけません。
その電圧が 仮に1Vとすると 1000倍 のゲインがいるのです。1mVフルスケールですと 10000倍です。すると今度は弊害が出ます。 前置きが なが~~くなりましたが 「温度ドリフト」
いわゆる オフセット電圧というものが発生します。入力が 0Vにもかかわらず出力に電圧が出てしまうことを言います。
細かい説明をすると 本一冊?になってしまいますので 割愛しますが、ゲインが高いばあいには オフセット電圧が発生して 出力がふらつきます。これは オペアンプ自体の性能表に出ていて 規格の範囲内に収まるような数値ではありますが、高精度の計測用としては問題があります。従って その中でもさらに良いものを選別したりするのです。
さて 前置きその2ですが こういう用途 ハイインピーダンス、ハイゲインの場合にはさらに問題が出て、入力のちょっとした 電位差が出力に影響を与えます。なにしろ 1万倍にも及ぶゲインですから ほんの少しの影響でも問題になるのです。その一つが 基盤のリークなどです。基盤は絶縁体ではありますが、完璧ではありません。少しですが電流が流れます。それが影響するのです。さて これほどまでにシビアなわけですから ほんの少しの接触抵抗すら問題になります。 
やっと本題です。
だから ソケットは問題があるのです。 計測器ではハイインピーダンス、ハイゲインの高精度増幅器部分では選別後ハンダ付けすることもあります。やはりハンダ付けが一番安定します。

さて オーディオではどうでしょうか?
オーデイオは 計測器ではありませんが、人間の耳って 計測器に現れないような微細な部分まで聞こえてしまいますよね。ほんの少ししか違わない接触抵抗が大きな差となって現れます。
コバルトシリーズは こういう部分にも的を当て、接触の安定性を狙っています。ヘッドフォンなどのプラグ交換での音質変化を目の当たりにしてビックリされている方も多いと思いますが、たった あの接点でも大きな違いとなるのです。Φ3.5のミニプラグは おかげさまで大好評で初期ロットはほぼ完売となりました。
hd580-3.jpg

いま 第二ロットを制作中です。多くのお客様から 交換した変化に大満足の声をいただいております。RCAプラグもそうですが、同じヘッドフォンでプラグだけ変えたものの試聴ができるようになっております。一番簡単ですよね。ケーブルなどに依存しない純粋な試聴が可能です。そのぶん こちら側としてはごまかしがきかないので大変です。多くのメーカーさんは こういう比較試聴はやりません。必ず ケーブルと、プラグはセットですし、メーカーさんでは、他の装置も含め試聴するようになってしまいますが、これでは 本当はどこが一番変わっているのか判断するのは大変難しくなります。プラグだけ というのは購入する人にとって一番わかりやすいと思いますが、いかがでしょうか!?

スポンサーサイト
もったいな DrDAC編 その1
もったいない その

もったいない解消は様々なやり方でできますが、前回お話しした DrDAC!これは もったいない解消を初めからメーカーさんが行っている点で画期的?かもしれませんが OJI Specialのみならず 自作派の人は 皆様ご存じのように、ソケット装着は当たり前です。もちろん OJI SpecialでもDDAC kit時代から既にソケット装着を行っています。いろいろ交換できるのはお客様のためになりますからね(^^)
ただし ソケットも良い面と悪い面があります。
今回装着されているのは、本当に安価なタイプで、接触に疑問があります。
DrDAC1.jpg

さて オペアンプは何でもOKなのでしょうか?
実はそうでもないのです。たとえば ソケットを使うメリットですが、計測器の世界ではオペアンプの選別を行うことも良くありました。こういう場合に何度も差し替える必要がありますが、こういうときには ソケットは非常に便利なアイテムです。
しかし DrDACに使われているような安価なソケットでは接触不良を起こす危険があります。これは 一般オーディオの世界ではあまり問題にならないかもしれませんが、計測器では大変な問題になります。
理由を少し述べてみましょう。
計測器では 多くの場合 DCアンプ方式で増幅を行います。それも ゲインは何千倍にも上ります。
多くの計測器では 入力側にアッテネータがあります。計測器の入力インピーダンスを大きくしなおかつ一定にするために ハイインピーダンスの FET入力タイプのオペアンプを使用し、なおかつ 1Mオームといった抵抗を入力に付けます。その抵抗で分圧してオペアンプに入力するのですが、多くの計測器では 耐入力を稼ぐために かなりあってネーションをしてオペアンプに入れますので オペアンプのゲインはものすごく大きくしなければなりません。

OJIスペシャルイベント開催
OJIスペシャルイベント
9月10日(土)PM6:00より

さて 登場したのは Dr。DAC 、安価で結構良い音がすると評判の製品を続々登場させていますが、こんかいのDACは何が凄いかというと その価格!!!
1s.jpg


こんなに安くて良いの! と言う価格なのです。
DACは システムの最も音決めを左右する場所だと思っていますが、その心臓部がこの価格では ビックリです。
もちろん OJI Specialも音決めの中心部なので頑張っています。DDAC-01、さらにDDAC-Pro これらは考えられる無駄をできるだけ排除しながら最新のディバイスを、高度な計測器用のノウハウをぎっしり詰め込んだDACで 原音忠実再生をめざしたDAC です。
世界中のこれ! というDACと何回も何回も比較試聴し作り上げたDACです。CDメーカーさんでも 沢山のDACを切り替えて音決めをしていることから解るように 
DDAC01.jpg

DACは凄く重要なキーパーツなのです。しかし 一般には CDプレイヤー内蔵品でCDプレイヤーとして使っている場合がほとんどであまり重要性を感じていないようなのですが、実はここが肝心なのです。デジタルはデータだけですから完璧なデータを取り出すことが可能です。これは 良いものは1つ! 究極はデータ一致ですでに実現されました。
問題は 後から加えるクロックとアナログに戻すDACなのです。これは究極はありません! なにしろ アナログだからです。私はセシウムクロックまで実験してDDACーProまで製作しましたが、やはり大きく音が変わるのはDACのアナログ部分です。
ただ それほど気合いを入れなくてもある程度良い音で・・・と考えている人が多いこともよく知っています。だからこそ SuperDAC2496改を作りました。安価でなおかつCDプレイヤーにはない高音質を目指しました。
2496SDAC-1.jpg


世の中には 安価で良い音がするコストパフォーマンスの良い いいDAC がありません。安いものはみな 安いなりきの音でCDプレイヤーのほうがまし と言うものが多かったのですが、しかし! Dr DAC! これは 確かにノーマルではたいしたことがありません。
2s.jpg

音は痩せていていわゆる 色気というか奥深さ、生々しさ と言う面が足りません。しかし 独特の秘密の利点があるのです。 それは ここをいじれば~・・・・という部分が沢山あるのです。だから もったいない!!

さて 早速試してみました。勿論もったいない打開の改造です。
とりあえず分解します。
3s.jpg

リアパネルのセンターのねじを外す。 当たり前かな? 天板をスライドでき外せます。でもこれは電池が見えるだけなのです。
4s.jpg

というわけで ゴソゴソやってみた中身です。うわぁっ! モザイクが・・・・中身は秘密です。なんで?理由は 後で説明します。
5s.jpg

Step1、ライトチューンレベルの改造です。
改造時間を聞いて驚かないでくださいね。分解後の改造時間は 30秒ほどでしょうか。慣れない人でも 5~10分もあればできる改造です。しかし 音は劇的に変わります!交換後は いわゆる奥深さが出て この価格のDACとは思えません。多分 一般のDACなどでしたらリワーク屋さんにお願いすれば数万円は確実にかかる改造です。

OJI Specialとしては 誰でも失敗しないような詳細な改造の解説書を付けキット付属商品として格安販売する予定です。

Step2、OJI Special改造です。これは 狙ったパーツをガシガシ交換しちゃいます。その音は・・・・本当にこんなに安価なもののベース価格で良いのだろうか と言う音になりました。ただし こちらの改造は簡単ではありませんので出来上がりのOJI Specialとして販売予定があります。

というわけで このDACは なにしろ 安い そして 遊べる と言うことにつきると思います。さらに コストパフォーマンスが高い、ヘッドフォンアンプにもなり便利など 数々の特徴を備えたDACです。
100万円のDACなのですと比較してはかわいそうですが、 この価格のものが 改造でどこまで変化していくのか!? 大いに興味があります。
そして Step1の改造でも大変革をするのですから 一般の方も大いに興味があることと思います。


~~で・・・・・ ここで 良いことを教えてしまいます。(?_?)
モザイクの秘密ですね(笑)Step1の のDACの改造を実際に皆様の前で実施します。9月10日6時からエンゼルポケットさんでOJI Specialイベントとして行います。もちろん 受講料は 無料です(爆)Step1の 分解方法、改造方法 その場で行います。そして その場で音の違いを確認してみてください。好きな音の種類もあると思いますので 何種類か試す予定です。もちろん Step2 OJI Special改造品も同時試聴会を行います。

OJI Special SperDAC2496改 もDACとしては激安価格にもかかわらず A&Vビレッジ紙で 100万円までのDACなのですと比較され 値段の差を超越し高評価を得ていますが そのDACとも比較試聴してみたいと思います。さて どうなるか!? お楽しみに!

もったいない DFI-02編 その3

---------------------続き---------------------------------

貴方のパソコンもまだまだ可能性があるのです! そのまま使っているのは もったいない! 可能性を引き出してみませんか!? DFILシリーズで!大きなメーカーさんは デザインと機能や謳い文句で勝負していますが、私は 中身で勝負したいと思っています。
120Gバイト と性能表に書いてあって同じように見えるハードディスクでも 全く性能は異なります。
動作回転数、キャッシュ容量、シーク速度の差、MTBFなどの信頼性・・・・・・etc
価格は違って当然です。メーカーには無い性能を自作では得られる可能性があります。またメーカー製パソコンでも 凄い音質に変わるかもしれません。さあ!立ち上がろう! 自作派!! 眠っている性能を目覚めさせてみませんか!


-----------------------完-----------------------------------


プロフィール

ポケット店長

  • Author:ポケット店長
  • エンゼルポケットOJIスペシャルバージョンです。
    DPAT~コバルトシリーズまで情報満載でお届けします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する