FC2ブログ
エンゼルポケットOJIスペシャル
エンゼルポケットOJIスペシャルバージョンです。 DPAT01~コバルトメッキシリーズまでOJIスペシャルに関する いろいろなテーマの情報をお届けいたします。
10 | 2006/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Prodigy HD2 OJI Special  その3
また チップの性能と オーバーオールで得られている性能は違います。そこは アセンブリメーカーやドライバーメーカーによって差が出ます。そして パソコンへの組み込みによっても差が出ます。もちろん 改造によっても差が出ることは言うまでもありません。

今回のサウンドカードは Juli@と少し趣が異なります。Juli@は 音楽製作でも何でもOKのカード、HD2は どちらかというと 音楽を聴くためのカードという位置づけのようです。音質も HD2は 「音楽を楽しんでね」 という音。そして 何よりもうれしいのが、 「どうぞ 改造してください」 ん? いや 「いじって楽しんでください」という感じなのです。
06-09-11-1.jpg


バイナリ一致しない CDトランスポートで頑張る という選択肢もありますが 自作派であれば HDDまではバイナリ一致する コンピュータを作り それで 最新チップにドライバーでデータを送り 音楽を聴く これも 良い方法だと私は思います。
どちらも バイナリ一致はしていないですが、少なくともコンピュータは コンピュータ上のデータはバイナリ一致させることが可能です。

06-09-11-2.jpg


Prodigy HD2はノーマルでも コバルトオペアンプにあなた自身で換装できます。
OJI Specialは 電源等高性能化を図っています。それだけでもオリジナルとは 一皮剥けたサウンドを聴かせますが、さらに そこに コバルトオペアンプを装着することができます。  

さあ 始めませんか!? パソコンオーディオ。 10万円以下のパソコンだって 高音質サウンドカード搭載で こんなに良い音が出るんです。

スポンサーサイト
Prodigy HD2 OJI Special  その2
1,音がコロコロ変わる アナログ要素を含んだ CDとして 音楽を聴く人
B06-11-15-2.jpg

2,絶対にデータが不変なデジタルメディアとしてマスターCDの音をそのまま家庭で再生したい
DPATシリーズは 上記1と2という大きく分けて2通りの再生のなかの 2番目を目指したのです。 

2は言うまでもなく 「デジタルデータが不変」と言うことなのですが、この領域になっても まだ勘違いが沢山あります。それは

CDのデータをコンピュータに取り込み それが オリジナルCDとデジタルデータが バイナリ一致しているのと、 DACへのSPDIFデジタル出力がオリジナルCDとバイナリ一致している というのは全く異なることなのです。多くの人は勘違いをしています。

デジタルデータが変わっては 原音再生は絶対に不可能です。ですから DPATシリーズを手にした人はかなり幸せです。少なくともデータに限っては原音がDACまでは送られているからです。
CDプレイヤーでは バイナリ一致しませんので どんなに頑張っても原音再生は不可能です。

いやあ こういってしまうと 「DPATを買わないと駄目」と聞こえるかもしれませんが、そうではありません。全ての音楽ファンが 数百万以上かかるハイエンドオーディオ装置で聞いているわけではありません。

バイナリ一致をしなくても音楽は楽しめますし、私もバイナリ一致をしている機器ばかり聞いているわけではありません。

何を言いたいんだ!? と怒らないでくださいね。 音楽をもっと上手に楽しむ方法があります。それは 出音での勝負です。どっちみち原音再生は無理なのだから 聞きやすい良い音で良いじゃん! というわけです。
B06-11-15-3.jpg

そこで登場するのが 今回の目玉。サウンドカード!
Prodigy HD2です。スペックは凄いですよ。何年か前のハイエンドオーディオには絶対に負けません。
なにしろ ダイナミックレンジ 120dBのチップ搭載! もちろん 24ビット、DSD入力処理も可能なチップです。世の中の最先端はやはりICチップです。どんなにあがいても スペックはICに負けることが多いです。というのは ディスクリエート手法(単体の素子を組み合わせてICと同じ機能を作る)一台だけつくるのであれば 良いのですが、量産すると必ず バラツキで良いものが大量に作れないのです。日本では皆様ご存じのように この 10~20年は 工賃はかなり高いです。1時間作業をすると 売値は 数万円は当たり前! そんな国ですから 高度な商品でリーズナブルな数万円の機器は作れません。だから 工賃の安い国で生産するようになっています。OJI Specialは ガレージメーカー(笑)ですから ハイエンド品に限らず、全てハンドメイドで 一台一台手をかけて作っていますので その分高いですが、手作りの良さをお客様に味わっていただいています。しかし 安価な量産品ではどうしても 手作りは勝てません。 基板一枚部品無しで 同一価格 なんて言う感じだからです。だから 改造は 安価に高性能を得る手段として有効なものなのです。

Prodigy HD2 OJI Special  その1
Prodigy HD2 OJI Special 登場で 再度デジタルオーディオ再生を考える

最近DPATを納品いたしました。
お客様は私のホームページをくまなくご覧になって「今までつかえていたものが取れた!」とおっしゃっていましたが、一般的にはデジタル再生を まだまだ理解していただけない方も多いようです。
ここで 初心に戻り デジタル音楽再生について話してみたいと思います。
B06-11-15-1.jpg


DPAT開発の発端となったのは
「市販CDの縁に色を塗ると音が変わる」
というところから 始まりました。 実はオーディオを楽しんでいる方は 「当たり前」と思うかもしれませんが、技術屋はまず 「それはあり得ない」と言うでしょう。
実際には 両方勘違いをしているのですが、私も後者で 「それはあり得ない」と思ったのです。ところが実際に試してみると確かに音が変わります。ここで
1,これはおかしい!? 変だ!!
2,やはり音が変わったでしょ・・・
という 見方がありますが、 私は 1の 「これはおかしい」と思ったのです。理由は「デジタル記録メディアは記録データが変わったらデジタルではない、また それは 壊れている と表現する」という前提の様なものがあるからです。前述の 技術屋さんが 「あり得ない」と考えるのは勘違い と書きましたが、結論を簡単に言うと 「音楽CDは完全なデジタル製品では無い」と言うことだからです。 つまり データは壊れている場合があります。
「じゃあ 音が変わっても当然だし 音が良くなるようにいろいろいじればいいのでは」と言われそうですが、それは 間違いではありませんが、音楽CDは 本物のデジタル記録メディアになりうるのです。
本物のデジタル記録メディアとして 扱えるようにしたのが DPATシリーズと言うことなのです。




プロフィール

ポケット店長

  • Author:ポケット店長
  • エンゼルポケットOJIスペシャルバージョンです。
    DPAT~コバルトシリーズまで情報満載でお届けします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。