FC2ブログ
エンゼルポケットOJIスペシャル
エンゼルポケットOJIスペシャルバージョンです。 DPAT01~コバルトメッキシリーズまでOJIスペシャルに関する いろいろなテーマの情報をお届けいたします。
07 | 2019/08 | 09
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

オペアンプで変わる!COPで変わる! オーディオの世界
オペアンプで変わる!COPで変わる! 

オーディオの世界 西出 晃

皆様は オペアンプというものをさわったことがありますか?

B2008-2-27-1.jpg


電子パーツをさわるのは一部の自作マニアだけ?と言うのは 古い時代の話で、最近ではメーカーさんも積極的にICソケットを取り入れ オペアンプの交換ができる商品を売るようになってきました。
OJI Specialではこういった商品用に、豊富な経験と実績に基づきコバルトオペアンプを発売して現在ではDrDACや他の交換可能なソケット付きオーディオ機器の定番ともいえるような存在になってきました。
コバルトオペアンプのシリーズもこういった時代背景に乗って現在多くのシステムで音の違いを堪能できるまで多品種となりました。様々なシチュエーションで好みにあったものを選択できるようになるまでに品種の拡充をしております。
B2008-2-27-2.jpg


COPシリーズは従来 多くの機器で使用しているタイプの2ヶ入りを供給してきましたが、最近では オーディオ用としては最高級の部類に入る OPA627などのシングルオペアンプの交換用として COP-20i-U や COP-01s-Uといったシリーズも供給しております。

ところで 皆様は オーディオアンプの音の違いがわかりますか?
「当たり前!」そう 当たり前ですよね。オーディオ装置の中核。スピーカーをドライブしたり DACやCDプレイヤーからの信号を切り替えたり、増幅したりと重要な役割を持っています。
B2008-2-27-3.jpg


数千円のパソコン用アンプと10万円のオーディオ用アンプを比較すれば もう一目瞭然ならぬ 聞かなくてもわかるくらい(笑)違いますよね。

さて ではアンプとはどんな仕組みなのでしょうか?
オーディオアンプの役割として大きく分けて 小信号の切り替えや増幅をになうプリアンプとスピーカーをドライブできるまで大きくする パワーアンプとに分けられます。
その中はどんな回路なのでしょうか?
B2008-2-27-4.jpg


これは アンプの一例です。実際には -inputは出力からのフィードバック回路がつながります。出力のトランジスタの後にパワー用の大電力トランジスタをつけるとパワーアンプになります。
というわけですが 実はこれは オーディオ用に使われているオペアンプの代表格 NJM5532の等価回路図です。

B2008-2-27-5.jpg


新日本無線さんのカタログから抜粋させていただきました。
もう ピンっと来た人もいると思います。そう オペアンプの集まり=オーディオアンプ ともいえる構造なのです。アンプだけでなく DACやCDプレイヤー ありとあらゆるものにオペアンプは搭載されています。
B2008-2-27-6.jpg


オーディオアンプはメーカー毎に音が違いますし、価格によっても違います。しかし 中身は多くの場合 このようなオペアンプを使った回路なのです。
実際には パワーアンプは専用のICを使ったり、オペアンプ+ディスクリエートで作ったり、いろいろなパターンがありますが、いずれにしてもオペアンプは オーディオ回路の大半を占める回路と言っても過言ではありません。
B2008-2-27-7.jpg


そして 音質の違いは オペアンプの型名の違い、オペアンプの使い方の違い、基盤のパターン設計の違い、電源や周辺回路 配線方法の違いなど様々な要因で音は変わります。
しかし 大きな影響力があるのは必ず通過し数え切れないほどの種類がある オペアンプそのものの差によるものが大きいのです。
B2008-2-27-8.jpg


安価な数千円のアンプから何十万円というアンプまで 様々なオペアンプが使用されていますが、当然商売ですから その価格差に応じて適正な品質のオペアンプが使われています。また オペアンプによって音が変わりますから、メーカーさんはその組み合わせなどで独自の音作りをしています。
・・・ということは そうです! オペアンプを交換すれば あなたのアンプやDACなどのオーディオ機器が 一クラスも二クラスもアップグレードできる可能性を秘めているのです。これは もう交換するしかない! ですよね。そして グレードの差だけでなく音色の差もでる。すなわち 世界で一台しかない あなただけの、カスタムアンプにもなるのです。

B2008-2-27-9.jpg

また デジタル機器では、アナログのオペアンプは関係ないのでは? という意見も出そうですが、そうではありません。アナログ信号をつなぐ場合は必ずアンプが必要なのです。
直接デジタルにはなりません。高級なアンプほどしっかりとセオリーにのっとって作られています。

さあ 始めよう! 世界でたった一台。あなただけのオリジナルオーディオ機器を作ってみませんか? 厳選され実績のあるCOPシリーズ! 新しいオーディオの世界は始まります。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://enpoke.blog10.fc2.com/tb.php/77-2aa8296c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ポケット店長

  • Author:ポケット店長
  • エンゼルポケットOJIスペシャルバージョンです。
    DPAT~コバルトシリーズまで情報満載でお届けします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する